写真展「ここち」


学芸大学のmonogram(モノグラム)さんで個展をさせて頂きます。

2013年6月17日(月)〜 2013年6月30日(日)
※定休日:6月19日(水)、26日(水)※6月21日(金)は18時まで
※最終日は17時まで

いつも、「ここち(心地)」を大事に写真を撮りたいと思っています。 撮るならば、やはり心地良いものがいいです。 私にとってそれは、おんなのひとの髪、 くびすじをなぞるようにふれるようにみつめる事が出来る静かな時間です。 女性の写真を中心に8x10のカラー写真10点前後展示します。 ぜひご覧ください。

monogram(モノグラム)〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-19-13 TEL:03-3760-5852 OPEN:12:00〜20:00(水曜定休)

http://monogram.co.jp/index.php


「everything is mine」嶋本麻利沙、林和美 連立個展

kotendm


ナダール/大阪にて、10月23日〜11月4日 特別企画写真展「everything is mine」嶋本麻利沙、林和美 連立個展を開催します。

「写真を続けていて、自分は何が好きなんだろうと考える時期がありました。何日も考えた様に思います。そして行き着いた答えが、「おんなのひと」でした。 異性と言う事だけではなく、なんと言うか女性が持っている美しいものに魅かれているのだと思います。その人が持つきれいな一本の線みたいなものを、ずっと ずっとみつめていたいと思います。みつめる快楽。」

今回は女性の作品のみを展示します。ぜひご覧ください。


目を閉じて空を感じる。

kh4005
kh4005

小高い丘にある公園。
古い木のベンチ。
目を閉じて空を感じる。

苦しくて声が出ない。



kh4008
kh4008

何度もあなたの名前をよぶ。
でも、肺にちゃんと空気を入れないと、
苦しくて声が出ない。

「桜が散ってしまえば、、」

kh4004
kh4004

「桜が散ってしまえば、、」
その後に伝えたい言葉が見つからない。

忘れる事も出来ない。


kh3055

ただ寄り添う、
それすら出来ない。
忘れる事も出来ない。

「手塚治虫の受け売りね。」


kh3054
kh3054

「人を信じよ。しかし、その百倍自らを信じよ。」
ふーんとうなずく僕に。
「手塚治虫の受け売りね。」と君。

離れたとたんに、

kh3053
kh3053

離れたとたんに、
身体の一部を失う。
そんな恋をいくつしただろう。

寝息のそばで、


kh3048

「おはよう」へと繋がる「おやすみ」、
そんな当たり前を忘れてた。
寝息のそばで、 地球が回るのを感じる。



駅から君の家へ向かう

kh3046
kh3046

駅から君の家へ向かう、
道を確かめながら。
青い空と葉桜の下、
少しの緊張とお土産のワイン。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

装幀写真
装幀写真 (JUGEMレビュー »)
林 和美,詩:谷川俊太郎

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM