かがみのくに

 

「かがみのくに」

 

元カメラマンの小林健太が経営する喫茶「ヒカリ」。毎日決まった時間に来て飲み物は頼まずトーストだけを食べて帰る主婦、週刊誌を読みふける制服の女子中学生、早口でしゃべりまくる太った中年男性。その誰もが小林にそれとなく写真を教わるうちに、自分がカメラを向ける被写体こそが自分自身である事に気付き、自分を素直に認める事で救われていく。人間の心はなぜ偏っていくのか、その答えがここに。

 

JUGEMテーマ:読書

関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

装幀写真
装幀写真 (JUGEMレビュー »)
林 和美,詩:谷川俊太郎

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM