目を閉じて空を感じる。

kh4005
kh4005

小高い丘にある公園。
古い木のベンチ。
目を閉じて空を感じる。

苦しくて声が出ない。



kh4008
kh4008

何度もあなたの名前をよぶ。
でも、肺にちゃんと空気を入れないと、
苦しくて声が出ない。

「桜が散ってしまえば、、」

kh4004
kh4004

「桜が散ってしまえば、、」
その後に伝えたい言葉が見つからない。

忘れる事も出来ない。


kh3055

ただ寄り添う、
それすら出来ない。
忘れる事も出来ない。

「手塚治虫の受け売りね。」


kh3054
kh3054

「人を信じよ。しかし、その百倍自らを信じよ。」
ふーんとうなずく僕に。
「手塚治虫の受け売りね。」と君。

離れたとたんに、

kh3053
kh3053

離れたとたんに、
身体の一部を失う。
そんな恋をいくつしただろう。

寝息のそばで、


kh3048

「おはよう」へと繋がる「おやすみ」、
そんな当たり前を忘れてた。
寝息のそばで、 地球が回るのを感じる。



駅から君の家へ向かう

kh3046
kh3046

駅から君の家へ向かう、
道を確かめながら。
青い空と葉桜の下、
少しの緊張とお土産のワイン。

それでも私は、。



kh3044
kh3044

ありがとうを言ってくれる人に、
優しくするのはある意味簡単。
それでも私は、。

結果を求めちゃ駄目だよ。


kh3035
kh3035

結果を求めちゃ駄目だよ。
いつもそう教えてくれた君は、
今はもう居ない。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

装幀写真
装幀写真 (JUGEMレビュー »)
林 和美,詩:谷川俊太郎

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM