二人の事

kh1026
kh1026

窓の外を見る君。「そう言えば、ゆっくり二人の事、話した事なかったね。」

男が女を見る時は

kh1025
kh1025

愛おしいと思う時、言葉は出てこない。ただ、見つめるだけ。

あなたに逢うまでは

kh1024
kh1024

待ち合わせ場所に向かう上りエスカレーターの途中で考えた。あなたと逢う前の私は、どんなだったのだろうかと。

ひまわり

kh1023
kh1023

「涼しい部屋になんて居ないで、外へ戻っておいでよ。」ひまわりに話しかける太陽、の様な彼女。

新しい街へ

kh1022
kh1022

中目黒、最後の日。君と新しい街へ。

長袖の下

kh1021
kh1021

薄手の白いカーテン、透明な光。透き通る肌は長袖の下。


6月生まれの彼

kh1020
kh1020

6月生まれの彼と付き合うには、傘は必需品。

温度設定20℃の夏。

kh1019
kh1019

するするとジーンズを脱ぐ姿を見ながら、着替えも恥ずかしがってた頃の彼女を思い出す、温度設定20℃の夏。

やわらかな光

kh1018
kh1018

やわらかな光、おだやかな君、あたたかな気持ち。そんな日が1日でも長く続きます様に。

目黒川散歩

kh1017
kh1017

隣の彼女を見ながら、「お散歩とお昼寝が好き」って女の子に騙されちゃいけないなと思う、目黒川散歩。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

装幀写真
装幀写真 (JUGEMレビュー »)
林 和美,詩:谷川俊太郎

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM